採用情報

業務紹介業務紹介チャート図 品質保証 分析試験 薬物動態試験 製剤開発 製剤 包装 品質管理 MR 学術 医薬情報
開 発

先発医薬品と同じ効能・効果があり、高品質で顧客の要望に即したジェネリック医薬品を開発するための試験研究を行っています。また、医薬品を安定供給できるように工場に技術の移管も行っています。

製剤開発

製剤開発

固形剤を中心に、点眼剤、注射剤、点鼻剤などの様々な形態の製剤を開発しています。有効成分に様々な機能を持った添加剤を組み合わせて製剤を作り込み、最適な処方(添加剤の種類及び分量)や製造方法を確立していきます。

分析試験

分析試験

開発する製剤の品質を評価するための試験方法を確立し、開発段階の製剤を試験し品質を保証していきます。また、有効期間を決めるための安定性試験、製剤の溶け易さを見極める溶出試験等を行い、製剤の特性を明らかにしています。

薬物動態試験

薬物動態試験

開発した製剤と先発医薬品をそれぞれ服用し、経時的に血液を採取して有効成分の濃度を測定、解析し有効成分の吸収された速度及び量が製剤間で同じであること、つまり同等な効能・効果を持つことを確認しています。

製 造

内服固形剤、注射剤、点眼剤、点鼻剤の製造において、販売予測から生産計画を立案して、GMP(医薬品の製造管理及び品質管理の基準)とEHS(環境・衛生・安全)の手順に従い、笑顔で元気な社員が製造及び品質試験を行いながら、品質確保/安定生産/コスト低減に取り組んでいます。

製剤

製剤

原料を調合し、錠剤・注射液・点眼液・点鼻液を製造する工程です。患者様が口から直接服用する錠剤等の製造であるため、作業者の入室手順化(着衣、手洗い消毒)、クリーンルームの空調管理、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)の徹底、製造設備の点検により、製品の品質確保と汚染防止を図っています。

包装

包装

製剤品をパッケージングして商品化する工程です。包装品の外観、表示(製品名・製造番号・使用期限)、添付文書、封の品質管理を強化するとともに、時差勤務体制や設備点検による安定稼働を実現させて生産効率の向上でコスト低減を図りながら、品質確保・納期厳守・価格低減に取り組んでいます。

品質管理

品質管理

原料・資材及び製造された製品の試験を行って、製品の品質を検査する部門です。液体クロマトグラフィーや溶出試験機等の分析機器を使用して国の定めた基準による厳しい規格に適合していることを確認し、製品出荷の可否判断を行い、患者様が安心して服用いただけるよう日々チェックしております。

販 売

営業本部では、医療に携わる方々と患者さんに高い品質と信頼されるキョーリンリメディオのジェネリック医薬品の販売を行なうとともに、医療用医薬品や医療等に関する情報を提供しています。

MR

MR

MRは自社のジェネリック医薬品に関する適正使用や副作用情報などを正確かつスピーディーに提供します。また、常に高い倫理観を持ち、患者さんの立場になって医療の一端を担い、ジェネリックを通じて社会貢献を果たします。

学術

学術

学術部では医療機関の先生方、他メーカー・卸様、患者様、MRなどからのくすり相談窓口、MR教育のための資料作成、疾患・製品教育、製品パンフレットなどの資料作成、情報伝達など様々な業務をしています。

信頼性保証

信頼性保証医薬品の品質はもちろんのこと、原料から資材に至るまでの品質確保、安全性の監視、情報提供、許認可に係る薬事業務を中心に、人々の健康に貢献する医薬品を提供し続けるために日々の業務に取り組んでいます。

品質保証

品質保証

医薬品に関する法令を遵守し、製品の品質を確保するための仕事を行っています。医薬品をご使用いただく全ての方々に満足いただけるような品質を確保、保証するために製品の開発から製造、販売・流通に至るまで目を光らせています。

医薬情報

医薬情報

GVP(Good Vigilance Practice)業務を行っています。GVPは、医薬品の副作用情報の収集や使用上の注意事項の情報伝達、提供など、製薬企業にとって医薬品を安全に使用していただくための重要な業務です。

PAGE TOP