ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは?

医薬品には、病院や診療所で処方される医療用医薬品と、薬局・薬店で直接購入できる一般用医薬品があります。さらに医療用医薬品には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)があります。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の特許等が切れた後に、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を含み、効き目、品質、安全性が同等であると国から認められて、製造販売されます。 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)よりも少ない費用で短期間に開発できるため、ほとんどの場合、新薬(先発医薬品)よりも低価格になります。

ジェネリック製品について詳しく知りたい方は、下記のサイトをご参照ください。

PAGE TOP